English


Research & Activity

People

Achievements

Links















 



研究室の方針

「なぜ?」を追求し、未来の応用技術の基盤構築を目指す

 我々のグループのポリシーは「自ら楽しんで研究活動に取り組む」ということです。皆さんも、これまでの部活やサークル、ボランティアなどの大学生活の中で、置かれた環境や課題をポジティブに「楽しむ」ことで自分自身やチームのパフォーマンスを最大限に引き出して困難な場面を乗り越えられたという経験をされたことが数多くあるのではないかと思います。一方で、直面した問題を解決するためには知識や技術が重要な要素であることは言うまでもありません。このため、研究活動を楽しむために必要な知識・技術の習得をサポートするカリキュラムを実施しています(専門書の輪講、数値計算研修etc.)。また、個別の研究指導はもちろん、研究報告会も定期的に行っており、異なるテーマに関する意見交換を通じて理解を深める活動も行っています。
 当研究室ではこれらの活動を通して、柔軟かつ自発的に問題を考え、専門分野を超えた広い視野を持ち、高い協調性を示してリーダーシップを発揮できる技術者・研究者の教育を目指しています。この目標達成のため、学会や国際会議などへの積極的な参加も推奨しており、異分野の情報も積極的に収集することで自分自身の新しいテーマを開拓する能力を育むことも推奨しています。特に、専門分野の理論家・実験家だけでなく専門分野外の研究者との交流も積極的に行い、理論の基礎を追及しつつ異分野横断や応用も念頭に置いた研究展開を行っています。