English


Research & Activity

People

Achievements

Links















 



研究内容

クラスタ計算機を駆使した理論計算とレーザーピンセットを用いた実験に基いて、バイオ応用を目指したナノ・マイクロ領域における異分野横断的な光科学の研究を行い、以下のようなテーマに取り組んでいます。

 

【主な研究テーマ】

  • 生体模倣ナノ光エンジニアリングの開拓と光バイオセンサ応用
  • 生体関連物質および有機・無機ナノ材料の光制御と医療応用
  • オプトフルイディクスとバイオ応用
  • オプトメカニクスと微量計測
  • 高効率光エネルギー変換の原理開拓

 

  これらの研究テーマを通じて、ライフサイエンスへの応用や環境・エネルギー問題の解決も見据えた次世代ナノテクノロジーの基盤構築を目指しています。具体的には、生体分子モーター、光合成アンテナ、ベシクル構造などのユニークな生体機能にならって、「光」と揺らぎや熱によって駆動されるミクロな動力学系の機構解明を行いながら、ナノ物質の高精度分離分析、光機能システムの構築、光駆動バイオセンサ、医療用光発熱材料への展開も目指しています。また、金属ナノ構造における局在表面プラズモンの協力現象や、光によって揺らぎ制御されたプローブによる極微計測の原理開拓に関する研究も行っています。
  このように、光物性物理、光物理化学、分析化学、生命科学などの異分野横断的な研究を推進しています。


 




 

キーワード

光物性理論、非線形・非平衡物理学、電磁界解析、量子化学シミュレーション、ナノフォトニクス、レーザーピンセット、光化学、分析科学(光バイオセンサ)、極微計測技術(走査型プローブ顕微分光etc.)、プラズモン、励起子、光誘起力、医療物理