news

English


Research & Activity

People

Achievements

Links


















 



 

  


  

  

2017年11月30日
「Mechanism in External Field-mediated Trapping of Bacteria Sensitive to Nanoscale Surface Chemical Structure」の論文が、 英国Nature ResearchのScientific Reportsに掲載されました。
本研究では、清水恵美さん(床波研研究補助員)が実験データの大部分を取得し、田村守先生(飯田研特認助教)が理論解析の大部分を担当して遂行されました。
プレスリリースの記事は以下のリンクからアクセスでき、大阪府立大学のトップページでも紹介されました。

大阪府立大学プレスリリース
食中毒菌を転写したポリマー膜の高選択・迅速検出のメカニズムを解明―O157による食中毒などを未然に防ぐ超迅速検出法の開発に期待―

日本農業新聞(朝刊2面)
「食中毒判定5分で検出 大阪府立大 シート使い大幅短縮」

化学工業日報 (朝刊5面)
「食中毒菌、5分で検出 大阪府立大 分子鋳型技術ベースに」

マイナビニュース
「0157による食中毒などを未然に防ぐ超迅速検出法の開発へ - 大阪府立大」

infoseekニュース
「0157による食中毒などを未然に防ぐ超迅速検出法の開発へ - 大阪府立大」

exciteニュース
「0157による食中毒などを未然に防ぐ超迅速検出法の開発へ - 大阪府立大」

BIGLOBEニュース
「0157による食中毒などを未然に防ぐ超迅速検出法の開発へ - 大阪府立大」

GOOニュース
「0157による食中毒などを未然に防ぐ超迅速検出法の開発へ - 大阪府立大」

dmenuニュース
「0157による食中毒などを未然に防ぐ超迅速検出法の開発へ - 大阪府立大」

  

過去のニュース一覧へ